大変な遺品整理をお任せできる業者の活用について

遺品整理

丁寧に整理

故人が遺していった遺品は、そのままにしておくのもあまりよくないので、遺品整理を行いましょう。その際、専門業者に整理を依頼すると、丁寧に仕分け、供養を行ってくれます。

詳しく読む

遺品の買取

遺品整理で整理した品物の中には、買い取ってもらえる物もあります。整理を担当する業者に見積もりを依頼すれば、値段をつけてくれます。遺された物は単に処分するだけでなく、あとに活かすことが出来るのです。

詳しく読む

遺された物の整理

葬儀のあとで

遺品整理は、葬儀のあとで行うべき作業のひとつであるとされてきました……今でもそうですし、これからもそうでしょう。
人が亡くなった時に、その人をきちんと送り出してあげるために行われるのが葬儀ですが、そのあとには、亡くなった人が「ここ」に遺していったものを処分するということが行われます。
葬儀場から火葬場に移動してから行われるのが、「遺体」とお別れをする火葬です。遺骨は壺に納められ、やがて埋葬されることになります。
また、そのあとに行われることのひとつに「遺産相続」があります。亡くなった人が遺した金銭的な財産を、遺された人たちが継承するという形で始末を決めるものです。
これらのことは法律にのっとって粛々と行われることが求められています。
火葬は亡くなってから24時間という時間をあけて行うことが義務づけられており、遺産相続はだいたいそれを始めてから10ヶ月以内には決着をつけるべきだという決まりがあります。

物を整理すること

遺された体である遺体とのお別れをするのが火葬であり、遺された財産を継承していくべく取り組むのが遺産相続。
だとすれば、遺品整理は「遺された物」の始末をつけるためのものだということはすぐに分かるでしょう。
ただし、火葬や遺産相続のように、「こうでなければならない」という決まりはそれほど強く設けられておらず、それぞれのタイミングで行えばいいとされているという特徴があります。
とはいえ、持ち主がこの世には存在していないという物をいつまでも置いておくわけにもいきませんから、いつかは誰かがやらなければいけません。
もし、もろもろの理由で遺族が出来ないというのであれば、それを手がけるのは遺族に依頼された遺品整理業者です。
中でも、遺品整理業者による整理は、どんな物でも手際よく効率的にしっかり始末してくれるので、便利なサービスとして人気を集めています。

整理士の資格

遺品整理を手がける業者を選ぶときに、その業者が「遺品整理士」の資格を持っているか否かに注目してみましょう。この資格は、遺品を整理するという特別な仕事に精通した専門家を意味するものなのです。

詳しく読む

生前整理について

遺品整理を、「その時」が来る前に依頼するということも出来ます。自分が「ここ」を去ったあとの、持ち物の行方について始末をつけておきたい。そんな人にオススメな「生前整理」について紹介します。

詳しく読む